容器包装に使われる主なプラスチック

種類 JIS
略語
分類 特長 容器包装としての
主な用途
ポリエチレン PE 低密度
ポリエチレン
水より軽く、電気絶縁性、耐水性、耐薬品性、環境適性に
優れるが耐熱性は乏しい。
袋、ラップフィルム、食品チューブ
高密度
ポリエチレン
水より軽い。電気絶縁性、耐水性、耐薬品性に優れ、低密度ポリエチレンより耐熱性、剛性が高い。 包装フィルム、袋、食品容器、シャンプー・リンス容器
ポリプロピレン PP 最も比重が小さい。耐熱性が比較的高い。機械的強度に優れる。 包装フィルム、食品容器、キャップ、トレイ、ごみ容器
ポリアミド
(ナイロン)
PA 乳白色で、耐摩耗性、耐寒冷性、耐衝撃性が良い。 包装フィルム
ポリスチレン PS ポリスチレン 透明で剛性があるGPグレードと、乳白色で耐衝撃性をもつHIグレードがある。着色が容易。電気絶縁性がよい。ベンジン、シンナーに溶ける。 食品容器、CDケース
発泡
ポリスチレン
軽くて剛性がある。断熱保温性に優れている。ベンジン、シンナーに溶ける。 食品用トレイ、カップ麺容器
ポリエチレン
テレフタレート
(PET樹脂)
PET 延伸フィルム 透明性に優れ、強靭で、ガスバリア性に優れている。 包装フィルム
無延伸シート 透明性に優れ、耐油性、耐薬品性に優れている。 惣菜・佃煮・フルーツ・サラダ・ケーキの容器、各種透明包装
ボトル 透明で、強靭で、ガスバリア性に優れている。 飲料・醤油・酒類・茶類・飲料水などの容器(ペットボトル)
塩化ビニル樹脂
(ポリ塩化ビニル)
PVC 燃えにくい。軟質と硬質がある。水に沈む。表面の艶・光沢が優れ、印刷適性が良い。 ラップフィルム

 

※ 日本プラスチック工業会連盟HPより抜粋