2013年度の実施委託単価㌧48,000円。2012年度の拠出委託単価㌧1,600円に決まる。(2012/10/26)

(公財)日本容器包装リサイクル協会は、10月26日に開催した2012年度第2回総務企画委員会で、2013年度再商品化実施委託単価及び2012年度拠出委託単価を決めました。  2013年度の特定事業者の<その他プラスチック製容器包装>再商品化義務量算定のための算定係数に関しては、10月に開催された産業構造審議会廃棄物・リサイクル小委員会容器包装リサイクルWGで、義務量算定に関する量、比率等が纏められ、現在パブリックコメントが募集されています。  

プラ容器包装の2013年度の実施委託単価は㌧当たり48,000円で、前年度を㌧当たり1,000円(前年度比98%)下回り、2012年度の拠出委託単価も㌧当たり1,600円で、前年度を㌧当たり1,100円(前年度比59.3%)下回ります。  今回、容リ協会が実施委託単価案及び拠出委託単価案を決めたことで、2012年度の特定事業者の義務量と委託費用の算定が可能になります。委託単価は、実施委託、拠出委託ともに、前年実績を下回る見込みです。

 

詳細は会員専用ページをご参照ください。(パスワードが必要です。)

 

 

 

 

一覧ページヘ戻る