意見交換会

「第14回市民・自治体・事業者の意見交換会 in にいがた」
(2017/03/24)

当日は多数の参加、熱心な質疑応答ありがとうございました。

 

【日 時】 2017年3月24日(金)
【開催場所】 クロスパルにいがた  生涯学習センター4階
【参加者】 51名 (市民関係者 17名  自治体/行政関係者 14名  事業者 20 名 )
【主催者】 プラスチック容器包装リサイクル推進協議会
【協 力】 PETボトル協議会

 

ご報告

 

 

開催概要

プラスチックなどの容器包装のより良いリサイクルと3R にむけて、「第14回市民・自治体・事業者の意見交換会inにいがた」を 開催しました。

 

新潟市消費者協会の市民の皆様、新潟市環境部、新潟県消費者協会、 2省、メーカーご担当者ら計51名の参加がありました。

 

新潟市環境部長 阿部眞也氏からご挨拶があった後、廃棄物対策課の 登石課長からは、「新潟市における循環型社会に向けた取組み」という ことで、10種13分別によるごみ回収と市民への分別周知の取組みにつ いて報告がありました。

 

「おらって」にいがた市民エネルギー協議会の白井智雄氏からは、 「新潟市の環境にやさしい生活の取り組み」ということで、炭焼きから 生ごみ処理まで幅広い普及啓発活動について報告がありました。
また、新潟市消費者協会新潟支部の前川幸子氏からは、「わたしたちの 環境にやさしい買い物運動」ということで、オリジナルマイバッグ制作し、 普及啓発活動によりレジ袋を削減したなどの協会の活動報告がありました。

 

事業者からは、「プラ容器包装・ペットボトル 3Rと環境配慮設計」とい うことで、プラスチック容器包装の性質、材質、機能、リサイクルと3R の取り組み、容リ制度、ペットボトルなどについて概要説明をしました。

 

また、グループごとの分科会では、分別排出・収集に関する問題、リデュース・リユース・リサイクル、海洋ごみ、環境に配慮した容器包装、環境教育や活動について、広い観点で活発な意見が交わされました

 

プログラム

 

時 間 内 容
13:00~13:10 主 催 者 挨 拶
プラスチック容器包装リサイクル推進協議会 会長 城端 克行
開催地代表挨拶
新潟市 環境部長 阿部 眞也氏
13:10~13:25 自治体の取組報告 -新潟市における循環型社会に向けた取組み-
新潟市 環境部 廃棄物対策課 課長 登石 亙氏
13:25~13:40 市民の取組報告① -新潟市の環境にやさしい生活の取り組み-
「おらって」にいがた市民エネルギー協議会 白井 智雄氏
13:40~13:55 市民の取組報告② -わたしたちの環境にやさしい買い物運動-
~マイバッグを持ちましょう~
新潟市消費者協会 新潟支部 前川 幸子氏
13:55~14:10 事業者の取組報告-プラ容器包装・ペットボトル3Rと環境配慮設計-
プラスチック容器包装リサイクル推進協議会 専務理事 久保直紀
14:10~14:20 休憩・移動
14:20~16:20 分科会
3グループごとに話し合い  ペットボトルとプラスチック容器包装のリサイクルについて、日頃疑問に思うことや、問題点と感じること、要望など事前にいただいたご質問も含めて、自由テーマで話し合い。
16:20~16:40 分科会まとめ報告
16:45 閉会挨拶

 

※詳細な報告についてはこちらのPDFを御覧ください。

一覧ページヘ戻る